ガラコと信越シリコーンの水弾きを比較してみた

ガラスの撥水を安くお手軽にできないか?

当方はフロントガラスの撥水にはガラコを愛用しています。
今使っているのは施工が簡単なスプレー式のものです。

成分を見るとシリコーンとあります。
フッ素を使ったシリーズもあるのですが、今回のはシリコーンが使われていました。

ガラコ シリコーン

となると、同じシリコーンである信越シリコーンを塗っても良いのでは?と思い、比較してみることにしました。

信越シリコーン ガラコ 比較



信越シリコーンとガラコを対決させてみた

確認を行うため、左右で塗り分けてみました。運転席側はガラコを塗ります。

助手席側には信越シリコーンを塗ります。一旦、ギラギラするくらいに塗ります。

ここでもシリコーン側はペーパータオルを使用しました。

10分ほど経ってから拭き取りました。

拭き取った状態では両者綺麗に仕上がります。

ジョウロで水をかけてみました。さすがガラコ、綺麗に流れ落ちます。

信越シリコーン側も同じように水を弾き流れていきます。

水をかけた直後ですが、ガラコのほうが水滴が少ないようです。

ガラコ シリコーン 水弾き比較

時間が経つと、差が出てきました。
ガラコ側はじわじわ水滴が流れていきますが、シリコーンはそこまで流れ落ちませんでした。

シリコーン ガラス 水はじき

信越シリコーン側は水滴が流れた後に跡が残りました。

最終的にはガラコはほぼ流れ落ちましたが、シリコーン側は残りました。

ここはガラコの勝利ですね。

何度か雨も降り、2週間後の雨のときの状態ですが、両者水は弾いていますね。

再度、ジョウロで水をかけて水弾き状態を確認しました。

ガラコ側は相変わらず勢いよく水が流れ落ちます。

信越シリコーン側も結構水を弾きますね。

ガラコ側の水滴は時間が経つとじわじわ落ちていきますが、信越シリコーン側はやはり残りますね。

そこまで水弾きを求めないのであれば、コスパ重視で信越シリコーンを使うのも良いのではないかと思いました。



■関連ページリンク

「車の整備をDIYでやってみよう」メニュー

週末のお出かけメニュー

車以外のDIY&おすすめなものメニュー

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc




ブログランキング

記事内容が良いと思った方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kurumana-pc