ウォータースポットを除去しよう

ボディの落ちないシミはウォータースポットかも

水洗いやカーシャンプーを使って洗っても、いまいちぱっとしない場合はウォータースポットが出来ているかもしれません。
水拭きした直後にシミのようなものがあればそれはウォータースポットです。

ウォータースポット

ウォータースポットはカーシャンプーでは落ちないため、コンパウンドを使って研磨するか、ケミカルを使って除去する必要があります。今回はケミカルを使って除去します。



Water Spot Cleanerを使ってみた

ウォータースポットは酸性のケミカルを使います。

今回はWSC(Water Spot Cleaner)を使いました。

WSC

まずはターゲットを確認しましょう。

ボンネットやルーフなど平らで水玉が溜まるところがやはり多いです。

例としてボンネット上部を見ると、まぁ、あります。

ウエスに数滴付けて拭き取ります。それほどごしごしやらなくても科学の力で除去できます。

酸性なので、拭いた後は水洗いするのがベストです。

私は拭き取りが大変になるので、ゆるく絞ったタオルで拭いて、さらに固く絞って念入りに拭き取る対処をしました。

いずれにしてもケミカルが残らないようにしましょう。見事に除去できました。

パネル単位くらいで除去とケミカルが残らないように拭き取りをします。

一気にやろうとすると、除去時のケミカルが付着したままになるので、ボディにダメージが残ってしまいます。

ケミカルを使ってウォータースポットを除去したら、速やかに水洗い等で洗い流しましょう。

ハッチバック一台丸々ケミカルを使って拭き取った結果がこちら。

コーティングなどで保護しよう

ウォータースポットが取れて、下地が調ったらワックスやコーティングで保護しましょう。

時間があれば鉄粉除去と軽くコンパウンドで磨きたいところですが、今回は省きました。

当方の車にはピカピカレインをコーティングしていますが、メンテ剤のナノピカピカレインを塗布しました。

ナノピカピカレイン

直接ボディに吹きかけてムラが激しくなったことがあるので、タオルに吹きかけて伸ばします。

代わり映えしませんが、水はじき効果は復活していることでしょう。

ピカピカレインは実際にノーメンテで6ヶ月くらい水はじきしていたので、かなり優秀かと思います。

コーティングの中には2,3度雨降っただけではじかなくなるのもありますから。

■関連ページリンク

「車の整備をDIYでやってみよう」メニュー

週末のお出かけメニュー

車以外のDIY&おすすめなものメニュー

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc




ブログランキング

記事内容が良いと思った方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kurumana-pc