2020年11月一覧

ドアノブ周りの傷をラバーペイントで予防したい

車のドアノブ周りの傷が気になり、なんとか防止できないものかと思っていたところ、ラバーペイントで保護したらよいのではないかと思いました。固まるとマスキングテープを剥がすときに一緒に剥がれてしまうので、固まる前にマスキングテープを剥がすのがコツです。 失敗してもはがせるので、やり直しがきくのもよい点かと思います。AZのラバーペイントZEQUEのマットクリアを使用しました。

ポリッシャーで磨いてピカピカレインpremiumでコーティング(Z27AG編)

もうすぐ14年、16万キロになるコルトのボディのアンチエイジングとしてポリッシュとピカピカレインpremiumの施工を行いました。 DIYで研磨力の弱いポリッシャーを使ったものですが、実施後は傷もだいぶ消え、見違える輝きになります。 ピカピカレインpremiumは結構伸びるので、3台施工しましたが、まだ残っているので、コスパは結構いいなと思います。

ポリッシャーで磨いてピカピカレインpremiumでコーティング(G4編)

ドアノブやボンネットの傷が目立ってきたので、一旦ポリッシャーでボディを磨いてからコーティングしようと思いました。 プロがやるような本格的なポリッシュでなくても水垢や細かい傷は消せるので、だいぶ仕上がりが違うと思います。 仕上げはピカピカレインpremiumで仕上げて艶も出て満足な結果となりました。

ポリッシャーで磨いてピカピカレインpremiumでコーティング(アルト編)

最近洗車は信越シリコーンを使って仕上げていましたが、ドアノブの傷などがひどく、傷防止にガラスコーティングをしようと思いました。コーティングは下地が大事とのことなので、ポリッシャーで素人ながら磨いてからピカピカレインpremiumで仕上げました。 透明度が増した感じで景色の映り込みが増した感じで非常に満足な結果になりました。

コルト(Z27AG)イグニッションコイル流用で安定した点火強化を実現

純正最強と呼ばれるADバンのイグニッションコイルの情報を得たので、コルトに装着しようと考えました。 カプラー変換とコイル固定穴の加工が必要ですが、加工後は純正のように装着できました。 本領発揮にはドエルタイムの変更が必要ですが、交換しただけでも火花が強力になりトルクフルになりました。

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc