4ポット化(赤キャリ流用)計画(調査編)

4ポットキャリパー化したい

型押しキャリパーを対向ピストン化したいなと思い、調べてみました。

GC8を代表に、スバル車に多く使われている通称赤キャリと呼ばれる純正4ポット対向ピストンブレーキキャリパーを流用したものになります。

みんカラなどでは流用している人が多々いらっしゃるのですが、ブレーキローターなど、何用を使っているのかいまいちわからなかったり、情報が多々あるので、どれを信じて良いかわからなかったので、実際に確認してみました。

赤キャリはポン付け可能なのか?

装着したい車はインプレッサG4(GJ7)になります。

GJ2、GJ3、GJ6も同じ型のブレーキローターなので、ブレーキ周りは同じ構成かと思います。

同じく、インプレッサスポーツ、XVの同年代の車種については同じブレーキ周りかと思うので、参考になるかと思います。

GP2、GP3、GH2、GH3、GH6、GH7はディクセルの適合を見る限り同じのようです。一部年式では異なるようなので要注意です。

さてこちらがインプレッサG4の型押しキャリパーです。

まぁ、普通ですね。
小石でもかみこんだのか、ローターに筋が一本入っています。
支障はないのですが、ちょっと気になります。
見た目も地味だし、ブレーキダストの汚れが取れなくなるんですよね。

さて、そこで赤キャリの登場です。
1年前くらいに中古で購入したものですが、ずっと放置していました。

程度はあまり良くないのですが、放置していた間にピストン周りに錆が出て、状態が悪化してしまいました。錆取り剤で綺麗にとれなければ、お蔵入りになりそうです。

下記は純正キャリパーを外して、赤キャリをポン付けした状態。

インプレッサ 赤キャリ 流用

ローターの外径とキャリパーとの隙間が大きいですね。

赤キャリ ブレーキローター 隙間

ブレーキローターとキャリパーのセンターは合っているようです。

赤キャリ 流用 センター

やはりブレーキローターよりキャリパーが外側にオフセットされていますね。

ブレーキパッドを装着してみましたが、7、8mmブレーキローターが接していないです。

内側もズレてしまっています。

ホイールを履かせてみました。純正タイヤではなく、年式不明ですが、フォレスターのオプションでついていたBBSです。スポークと干渉もなく、装着できました。

赤キャリ ホイール装着 干渉 クリアランス

クリアランスとしては4mmほどあるようでした。

ブレーキローターは外径が9mmほど足りないようです。

純正ブレーキローターの外径を測ってみました。

約277mmといったところでしょうか?
社外ブレーキメーカーのカタログでは276mmとなっていました。

ハブに接する面とローターまでは50mmでした。

ローターからホイールが接する面までの高さは32mmくらいでした。

赤キャリポン付けの検証結果

キャリパーはポン付けできるが、ブレーキローターは純正ではNGということがわかりました。

GC8を初め、ターボ車に装着されている外径が293mmのブレーキローターがあるので、別途ブレーキローターは用意しなければいけません。

ブレンボでは09.9077.10、09.9077.11という型番、DIXCELでは3617001、3617027という型が当てはまるようです。

サイズが同じでDAV形状(逆ベンチ)で型番が違うようですね。
サーキット走行をするのであればDAV形状が良いと思います。

また、調べていて分かりましたが、BRZも外径276mmのブレーキローターを装着しているグレードがあるようですね。ちょっと物足りない感じがしました。

・楽天市場


DIXCEL ディクセル PD3617001S PDtypeブレーキローター(ブレーキディスク)左右1セット 【耐食性を高めた純正補修向けローター! スバル レガシィ セダン(B4) 等適合】

・Amazon

DIXCEL ( ディクセル ) ブレーキローター【 PD type 】(フロント用) スバル レガシィツーリングワゴン / レガシィセダン / インプレッサ WRX / フォレスター PD-3617001S

「車の整備をDIYでやってみよう」メニュー

週末のお出かけメニュー

車以外のDIY&おすすめなものメニュー

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc




ブログランキング

記事内容が良いと思った方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kurumana-pc