ブレーキフルードのエア抜きをしてみた

ブレーキタッチが微妙な場合は、エア抜きをしてみよう

サーキット走行などブレーキを酷使した運転はしていないのですが、前回フルード交換から5000キロほどで、タッチが悪くなってきました。ということで、ブレーキフルードのエア抜きをしてみました。

一人でブレーキフルードのエア抜きを行う

一般的には一人がブレーキペダルを踏んで、それにあわせて、ブレーキキャリパーのブリーダープラグを緩めるのがブレーキフルードの交換、エア抜きの仕方だと思います。

しかしながら、今まで一人でツールを使って不具合は起きていないので、今回も一人でブレーキフルードのエア抜きを行いました。厳密には二人でやったほうが確実に出来ると思います。

毎回、エアが多く出る右リアを確認すると、やはり漏れているっぽい・・・
ブリーダープラグを新品に換えたのですが、キャリパー側が駄目なのかもしれません。

3年前に塗った耐熱塗料も部分的にはがれて、細かくひび割れてきました。

ペットボトルの蓋に穴を開けて、一旦ホースを上側に向けて繋ぎます。
気泡がキャリパーに戻らないようにするためです。
以前は逆支弁などを付けていましたが、個人的にはこれで十分かと思います。

エア抜き 自作ツール

タンクにフルードを注ぐときは下記のような容器を使うとこぼさずに確実です。
ホームセンターに行けばあります。

こぼすと塗装に悪いので、こぼしてしまったら、水やブレーキクリーナーで洗い流しましょう。エア抜き分減るので、最初に満タンまで注いでおきます。

メガネレンチをかけて、緩めます。
緩めすぎるとネジ部からエアが入りやすくなるので、最小限が望ましいです。

緩めたら、ブレーキペダルを踏んでエアを抜きます。

エアが噛んでいると、下記のように気泡が出てきます。
調子にのって、ブレーキを踏んでいると、タンクが空になってエアをがっつり吸ってしまうので、残量に注意しつつ行います。

ブレーキ エア抜き 気泡

今回は左リアより右フロントにエアが若干噛んでいました。

多少タッチは良くなりましたが、微妙にふかふかします・・・

リアブレーキは前回オーバーホールしてから5年、5万キロ前なので、そろそろ再オーバーホールの時期かもしれません。その際は負圧を利用したエア抜きにチャレンジしたいと思います。

■関連ページリンク

「車の整備をDIYでやってみよう」メニュー

週末のお出かけメニュー

車以外のDIY&おすすめなものメニュー

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc




ブログランキング

記事内容が良いと思った方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kurumana-pc