コルト(Z27AG)のタイロッドエンドブーツを交換してみた(車検整備)

タイロッドエンドブーツ破れの危機

車検はディーラーにお願いしているのですが、事前にタービンとオイルパンからのオイル漏れ、スタビリンクのブーツ破れは気が付いて、自分で交換などの対処をしたので、無事に車検通りました。

が、引渡しの際に担当さんから、タイロッドエンドブーツがひび割れているんで早めに交換してください!と指摘されてしまいました。

見積もりも一緒に出してくれたのですが、タイロッドエンド交換で左右2個の部品代で6380円でした。

交換は自分でやるだろうと思われたのか、工賃は見積もりに入ってませんでした(笑)



目次

タイロッドエンドブーツの取り外し

まずはホイールを外します。
触るのはタイロッドエンドなので、ブレーキ周りを外す必要はありません。

必要工具ですが、Z27AGコルトにありがちなマイナー工具が必要です。

16mmのメガネとT27のヘキサゴンレンチが必要です。

トルクスで共回りしないように抑えて、メガネレンチでナットを緩めます。

Z27AG タイロッドエンド 交換

ナットが取れたら、お次はタイロッドエンドをナックルから外します。

当方はアストロプロダクツのタイロッドエンドプーラーを使っています。タイロッドエンドプーラー アストロプロダクツ コルト

ナックルとブーツの隙間につめの部分を押し込んで、ネジを締めます。

タイロッドエンド 交換 方法 プーラー

ボルトを締めていくと、ガキン!という音とともに、タイロッドエンドが外れます。

コルトのタイロッドエンドブーツはカシメ型なので、マイナスドライバーなどでこじって外します。

取れました。中のグリスはまだ綺麗でした。
整備記録を見たら、2年、2万キロ前にブーツを交換していました。

ヒビはひどいですが、破れるまでにはまだしばらくは大丈夫そうでした。

タイロッドエンド ブーツ ヒビ 破れ 車検

タイロッドエンドブーツの取り付け

ブーツですが、MiyakoのTBC-003を購入しました。
モノタロウで一個409円でした。タイロッドエンド交換より5500円くらい安く済みます。

新旧比較。旧も同じTBC-003です。

2年でひび割れした実績からすると、純正より耐久性は低いかもしれません。

古いグリスを拭き取ります。

ウレアグリスを詰め込みます。

カシメ式の場合、ブッシュに合う径のソケットやカラーなどで打ち込みます。
ホームセンターで物色し、ちょうどいいのを発見しました。
日動電工のTSカップリング (TS28GHW)がちょうどよかったです。

ご覧の通り、ぴったりです。

叩くほうには丸座金を両面テープで貼り付けました。

木など上にタイロッドエンドをおいて、真っ直ぐに打ち込みます。
プラスチックハンマーで叩いていきます。

タイロッドエンドブーツ はめ方

根元までしっかりはまりました。

ナックルにはめてナットを締めます。
ナットは新品を用意したほうが良いと思います。準備し忘れたので、再利用します。
型番はMU010564になります。100円くらいだと思います。

締めるときもヘキサゴンでボルトを固定し、ナットを締め込んでいきます。

交換完了です。反対側も同様に実施します。

まとめ

必要な工具があれば、それほど難易度は高くないと思います。

ブーツをはめるのに、ちょうど良い工具がないとなかなかはめれないと思いますが、塩ビパイプなど、サイズが合うものがあれば、問題なく取り付けできると思います。

純正部品でブーツ単体が無くても、サイズや形状を調べると取りつけ出来るものもあるので、探してみるのも良いと思います。

かつて、ロアアームのブーツが破れて、アッシーしかないということで交換に7万円もかかったことがありましたが、その後に使える汎用品を見つけたときは、早く気が付けばよかったと後悔したものです。

■関連ページリンク

「車の整備をDIYでやってみよう」メニュー

週末のお出かけメニュー

車以外のDIY&おすすめなものメニュー

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc




ブログランキング

記事内容が良いと思った方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kurumana-pc