エンジンヘッドオーバーホール(洗浄編)

コルト(Z27AG)の4G15エンジンヘッドの状態確認が終わったので、いよいよオーバーホール作業に着手します。

分解編はこちらエンジンヘッドオーバーホール(分解編)を参照してください。

オーバーホールですが、とにもかくにもカーボンを除去します。

目次

エンジンヘッドの洗浄

カーボン除去にはサンエスエンジニアリングのメタルクリーンαを使いました。

メタルクリーン

以下、サンエスのHPより抜粋です。

■特長

  • エンジン部品などに固着したカーボン・油脂類を強力洗浄
  • 金属安定性に優れアルミなどの合金類にも対応(一部を除く)
  • 水溶性で火気の心配がなく希釈使用で経済性も高く低公害な製品

■使用方法

  • 標準使用量600gを20Lの水またはお湯に溶かし3%濃度で使用します
  • 部品を洗浄液に浸漬やブラッシングで洗浄(洗浄機などでも使用できます)
  • 洗浄液を60℃~80℃に加温しますといっそう洗浄力がUPします
  • 一般脱脂洗浄などは用途に合わせ濃度を薄めます

プラスチックのケースにお湯を継ぎ足してメタルクリーンαを溶かします。

そこにエンジンヘッドを丸ごと入れて漬け置きします。

エンジンヘッド洗浄

一定時間経ったら、裏返します。ご覧の通り、固いカーボンがふやけてきます。

燃焼室 カーボン除去

ふやけだしたら歯ブラシでごしごしこすれば、みるみるカーボンが落ちます。

燃焼室 サンエス カーボン除去

洗浄後の廃液ですが、真っ黒です。

上澄みの油分をキッチンペーパーのようなもので吸い取ると、あとは普通に捨てれるようになります。私はさらにコーヒーフィルターで越して、カーボン粒子を除去してから廃棄しました。

メタルクリーンαに漬けて、歯ブラシでこするだけでここまで落ちました。

ヘッド カーボン除去後

この作業を実施したのは冬場だったので、お湯が直ぐに冷えてしまうという問題点がありました。

実はエンジンオーバーホール後に外したヘッドもオーバーホールしたのですが、このときは以下のように20Lペール缶をガスコンロで熱して、60度を保てるようにしてみました。

ガスコンロでメタルクリーンを温める

重いので、バランスを崩すとひっくり返るのでそこだけ注意です。

エンジンヘッド ペール缶

・楽天市場

メタルクリーンα 600g箱入 サンエスエンジニアリング 600g 1箱

・Amazon

サンエスエンジニアリング メタルクリーンα 600g箱入 1箱



ヘッドカバーの洗浄

ヘッドカバーもメタルクリーンαの残り湯で洗いました。

ヘッドカバー洗浄後

一部オイル焼けは取れませんでしたが、きれいになりました。

ヘッドカバー洗浄後裏側

ヘッドカバーは塗装しようと思っているので、バリなどを研磨しました。

縮み塗装をしようと思い、塗装屋さんに出すため、塗装しない部分をマスキングします。

ボルトのあたり面は塗装したくなかったので、ワッシャーで保護しました。

ヘッドカバー マスキング

吸排気バルブの洗浄

バルブはどこに付いていたか分かるように印をつけて置きます。

こちらもメタルクリーンαで洗浄しました。

ただ、後に研磨をするので、この工程は省いても良かったかもしれません。

バルブ メタルクリーン

お湯にメタルクリーンαを溶かして漬け置きます。

バルブ メタルクリーン漬け置き

排気バルブにはカーボンが堆積していたので、溶け出しています。

バルブカーボン除去中

油分、カーボンが取れてさっぱりしました。

排気バルブです。ロッド部分にカーボンが堆積して太くなっている部分があります。

磨耗はそれほど無いようです。

吸気バルブです。良く見ると、バルブあたり面にまだカーボンが残っています。

問題ないと思っていましたが、吸気バルブにもカーボンの噛み込みが合ったようです。

次回はチューニング要素であるバルブ鏡面加工をご紹介したいと思います。


■関連ページリンク

「車の整備をDIYでやってみよう」メニュー

週末のお出かけメニュー

車以外のDIY&おすすめなものメニュー

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc




ブログランキング

記事内容が良いと思った方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kurumana-pc