エンジンヘッドオーバーホール(バルブ擦り合わせ)

エンジンヘッドの研磨作業が終わったら、一旦洗浄します。
サンエスエンジニアリングのメタルクリーンαで再び洗って、金属粉を洗い流します。

洗浄後にエアブローで水分を吹き飛ばします。6Lのエアコンプレッサーでも十分ですので、可能であれば準備していただきたいです。

連続使用はさすがに厳しいですが、ちょっと待てばよいだけです。

洗浄の際にぜひやってほしいのが、下記の赤丸のような、オイル通路を確実に洗浄することです。ここをエアブローしたら、他の穴から真っ黒い水が出てきました。

オイル通路や冷却水の通路は確実にきれいにしたいところです。せっかく、オーバーホールしたのに、汚れや金属粉が残っていたら、磨耗が一気に進み、台無しになってしまいます。

私は、ブレーキクリーナーとエアコンプレッサーのエアブローで入念に金属粉を除去しました。

オイル通路 エアブロー

エアコンプレッサーが用意できない場合でも、メタルクリーンαなどの洗浄剤を使用した水洗いと、缶タイプのエアスプレーを用意して、金属粉を残さないようにしてほしいです。


洗浄してエンジンヘッドを乾かしたら、磨いたバルブをセットして、しばしうっとりしましょう。

面研、洗浄後のヘッド

これからバルブの擦りあわせをやっていきます。

磨いた燃焼室とバルブ

バルブのあたり面にはご覧のようにカーボンを噛みこんだ跡があります。
ここから圧縮漏れしてしまうと、パワーダウンや燃費悪化につながります。
ここを擦り合せをして、きちんと密着させて、漏れが無いようにします。

バルブ擦り合せ



バルブの擦り合せ面にバルブコンパウンドを適量塗ります。
粗めと細めがありますが、最初は粗めを使います。

バルブのあたり面 擦り合せ

タコ棒とよばれる工具の先にバルブをくっつけて、回転させながらバルブシートに当てて擦り合せを行います。10回くらいやって、あたり面を確認するようにしてみました。

その際にバルブステム部分に薄くエンジンオイルなどを塗って、潤滑させました。

タコ棒

何回かバルブコンパウンドを塗って、タコ棒に付けて、回しながら当てて擦り合せをして、拭き取り、またバルブコンパウンドを塗ってと繰り返します。

バルブがバルブシートに当たる瞬間にねじり込むように叩きつける感じです。
下記は何回か擦り合せをした後ですが、まだカーボン噛み込み跡が残っています。

ここの凹凸がひどかったりする場合はバルブ側を研磨したり、合わせ面が広くなりすぎた場合はバルブシートカットが必要になります。

内燃機屋さんに依頼することになりますが、今回はシートカットは不要と判断しました。
このあたりもサービスマニュアルに従って判断します。

以下、サービスマニュアル(整備解説書 4G1 DOHC ENGINE)の抜粋です。

バルブ 基準値

さらに何回か擦り合せを実施し、あたり面がきれいになるまで繰り返します。

バルブ擦り合せ あたり面

一部、下記のような深い凹みがありましたが、これが消えるまで擦り合せを実施すると、あたり面が広くなるので、ここの修正はあきらめました。

16バルブなので16本実施します。地味ですが、結構手間がかかります。

こちらはだいぶ仕上がってきたところです。

バルブ擦り合せ 仕上がり

こちらはまだヘッド側があまい感じです。うまく擦り合せが出来たかどうかは光明丹が使われます。私は代替で朱肉でやってみましたが、いまいちうまく確認できませんでした。

バルブ擦り合せ 不完全

擦り合せが終わったと判断したら、密着確認を行います。
灯油などがベストなのでしょうが、なかったので、たまたまあったジャッキオイルで確認しました。並々注いで、しばらく放置します。

粘度がそこそこあるので、確認には不向きかもしれませんが、そのジャッキオイルでさえ、若干漏れてきてしまいました。

再び、擦り合せに戻ります。

バルブ擦り合せ 確認

再擦り合せ後、確認し、オイルが染み出てこなければOKとしました。

バルブ擦り合せ完了

エンジンヘッドオーバーホール作業も半ばを過ぎた感じですかね。

これで圧縮がきっちり出て、パワー復活や燃費向上につながることを期待したいです。

■関連ページリンク

「車の整備をDIYでやってみよう」メニュー

週末のお出かけメニュー

車以外のDIY&おすすめなものメニュー

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc




ブログランキング

記事内容が良いと思った方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kurumana-pc