刃の黒幕で包丁を研いでみた

包丁の切れ味を復活させたい

家で使っている包丁が切れなくなってきました。
ちょうどyoutubeで包丁を研ぐ動画を見て、やってみたかったので包丁研ぎに挑戦しました。

包丁研ぎに必要なものが砥石なわけですが、ネットで検索すると、評価が高い砥石がSHAPTONの刃の黒幕というものでした。

このシリーズのオレンジ1000という中研が使い勝手がよいようでしたが、細かいほうが良く切れるんじゃないかという思いが巡り、グリーン2000を購入してみました。



目次

刃の黒幕で包丁を研ぐ

刃の黒幕

砥いでみた包丁はグローバルのステンレス包丁。

最初はおっかなびっくりでしたが、やっていくうちにコツがつかめて研ぐのが楽しくなりました。その際の様子はこちら

これだけ切れるようになると、もっと研ぎたくなりますね(笑)研いだ後の刃はこちら。

ちょっと刃こぼれしているところもあったので、オレンジで研いだほうがよかったかも。ちょっと慣れてきたら砥石の種類を増やしたいです。

この後、刃こぼれがなくなるまで綺麗に研ぎました。
慣れてくると、研いでいる表側にかえりが出てくるのが分かるので、かえりが出てきたら、さっと表側を2、3度前後に研ぐと、かえりも消え、切れ味が見事に復活します。


紙で切れ味を確認しましたが、綺麗にいい音立てながら切れていきます。
研ぐ前は全然歯が入っていかなかったので、別物になりました。

刃の黒幕のメンテナンス

砥石もメンテナンスが必要です。
包丁を何度か研いで行くと、どうしても砥石の中央部分が減っていきがちになります。
砥石が平らな状態でないと、包丁もきれいに研げなくなります。

ダイヤモンド砥石で研ぎます。

ちょっと削ると、外側は削れていますが、中央部分は削れていないことが分かります。

全面が綺麗に削れるまで研ぎます。
これで、次回包丁を研ぐときにベストな状態で研げると思います。


まとめ

包丁研ぎは難しいのかなと思っていましたが、そんなことは無く、正しいやり方さえ分かれば、難しいことはありませんでした。

一度、慣れてしまえば数ヶ月に一度、包丁を砥いであげれば、切れ味を保てると思います。

他の砥石と比べてはいませんが、刃の黒幕は使える砥石だとおもいます。

この記事の最初に戻る

「車の整備をDIYでやってみよう」メニュー

週末のお出かけメニュー

車以外のDIY&おすすめなものメニュー

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc




ブログランキング

記事内容が良いと思った方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kurumana-pc