マグロを求めて三崎へ三浦半島ドライブに行ってきた 2020.09.10

マグロで有名な三浦半島三崎へ

仕事の都合で夏休みをずらすことになったのですが、一日年休を取得できたので、マグロを求めて三崎へ行ってまいりました。

まぐろ食堂 七兵衛丸 釜揚げしらすまぐろ丼

天気予報は曇のち雨でしたが、午前中は青空も見え雲が印象的な空でした。

相模湾沿いの国道134号で行くのが手っとり早そうでしたが、同じ道を通るのも味気ないので、行きは東名高速、横浜横須賀道路を使うルートにしました。

東名厚木ICを起点とすると132キロほどのドライブでした。



目次

東名~横浜横須賀道路

横浜町田ICで降りて保土ヶ谷バイパスから横浜横須賀道路で約70キロほどです。
休憩を入れて1時間40分ほどでした。保土ヶ谷バイパスが多少混んでいました。

止まりはしませんが、30~40キロくらいの流れの保土ヶ谷バイパス。

横浜横須賀道路で三浦方面に向かいます。

衣笠ICで降ります。

三浦縦貫道路で時間短縮を図ります。
ここは対面道路ですね。後ろから早い車が来ると困る道路です。

料金所で渋滞してました。カーブの先で渋滞の列になっていたのでちょっと焦りました。

普通車は310円でした。
できればETC化してほしいです。

雲が印象的な日でした。

縦貫道からは国道134号線で三崎に向かいます。

三浦野菜とまぐろ産直センターうらりマルシェ

見どころとしては城ケ崎で灯台を見たりするのもありですが、今回はマグロに専念しました。

うらりマルシェに到着です。
近くにはまぐろが食べれる飲食店も多数あるので、うらりマルシェの駐車場に止めて歩くのが良いと思います。

1時間220円です。
うらりマルシェや近くの飲食店で2000円以上の買い物をしたりすると、1時間無料券をくれるので、買い物をするのであれば駐車料金は気にしなくてもよさそうです。

1Fがさかな、2Fがやさいという感じです。
うらりのHPはこちらを参照してください。

久しぶりに海を感じました。

コロナ禍と平日ということもあって、お客さんは少なめでした。
ごった返していないので、ゆっくり見て回ることができました。

中トロを買って帰りました。ちょっとおまけしてもらいました。
ドライアイスや保冷パックも付けてもらいましたが、夏場はアイスボックスなどを持っていくのが良いと思います。

朝ごはんは食べずにマグロに臨みました。
まぐろ食堂 七兵衛丸さんが9時から開店で開いていたので、こちらでマグロをいただくことにしました。11時開店のお店が多いので、早い時間に来る場合は要注意です。

まぐろ食堂 七兵衛丸 9時開店 午前中に来る場合お勧め

まぐろを使ったいろいろな丼がありますね。

釜揚げしらすまぐろ丼(1400円)にしました。

小鉢のまぐろもおいしかったので、再びマルシェに行きお土産として買って帰りました。

油壺マリンパーク

まぐろだけではもったいないので、京急油壺マリンパークに行ってみることにしました。
西海岸線から向かいます。
マリーナにはたくさんの船が停泊していました。

20分もかからず到着しました。
コロナ対応でセンサーで検温していました。
マリンパークのHPはこちらを参照してください。

駐車場は800円でちょっと割高な感じもありますが、まぁしょうがないですね。

三崎マグロのレストランもあるので、まぐろも楽しめます。
イルカのショーが13時からでしたが、時間で多少あったので、今回は断念しました。
イベントの時間を下調べして到着時間を決めるのが良いと思います。

迫力のあるホオジロザメの顎歯や相模湾にいる魚たち、飼育47年のサメなどなかなか見ごたえがありました。
チンアナゴや海月姫にでてくるアマクサクラゲもいました。

水族館を見終わり外へ出るとキタイワトビペンギンがいます。
じっとしているペンギンもいれば、泳ぎまくっているペンギンもいて面白いですね。

当方のお目当てはカワウソでした。
氷が与えられて、上を向いてガジガジかじってました。
水の入った桶のなかをぐるぐる回っていました。

いい表情です。

油壺マリンパーク カワウソ いい表情

なかなか楽しめました。
動物と触れ合うのは良いですね。

国道134号線~圏央道

帰りは海岸沿いのルートにしました。
うらりマルシェからマリンパーク経由で東名厚木ICまで62キロ程度でした。

三浦野菜を買えるところはないかと思っていたら、すかなごっそという直販所がありました。
魚も売っていて品ぞろえが良いですね。
地元の方も大勢来ているようでした。

三浦産の野菜をいくつか購入。
すかなごっそのHPはこちらを参照してください。

南から雨雲が迫り多少雨に降られました。
サーフィンやヨットをやっている人も結構いました。

江の島を通過します。
生憎の曇空で富士山が見れなかったのは残念でした。

国道129号線でもよいのですが、時間短縮で茅ヶ崎海岸ICから圏央道に向かいました。

信号がないのでやはり楽です。

圏央道から東名に乗り帰還しました。

まとめ

行きの保土ヶ谷パイパスがやや混んでいたのはルート選定ミスだったかなと思いつつ、それ以外は渋滞もなく目的のまぐろを堪能できました。

油壺マリンパークも予想以上に楽しめ、三浦野菜の直売所も見つけることができ満足度が高いドライブになりました。

城ケ崎や横須賀方面も含めると見どころはたくさんあるので、三浦半島ドライブいかがでしょうか?

この記事の最初に戻る

全国の格安レンタカー予約ならskyticketレンタカー♪

「車の整備をDIYでやってみよう」メニュー

週末のお出かけメニュー

車以外のDIY&おすすめなものメニュー

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc




ブログランキング

記事内容が良いと思った方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kurumana-pc