充填式のブレーキクリーナーが使える代物か確認してみた

オイル交換やブレーキ周りのメンテをしていると、ブレーキクリーナーを結構使います。

錆だらけのブレーキキャリパーの錆落としで大量に使っていて、しょっちゅうホームセンターに買いに行くのが面倒になりました。空き缶も増えるし、充填式は無いのか調べてみるとありました。

何メーカーかが販売していますが、今回、目をつけたのはSTRAIGHT(ストレート)のもの。

充填式のブレーキクリーナーを購入してみた

ちっちゃいながらもエアコンプレッサーを持っているので、充填式ブレーキクリーナーを導入してみました。

購入したのは以下の2点です。ブレーキクリーナー原液は、実際に使っているサイトの方のお勧めを選びました。

  • (STRAIGHT/ストレート) 充填式缶スプレー 600ml (逆さ使用対応版)
  • ガレージ・ゼロ 速乾 ブレーキ&パーツクリーナー 原液 4L GZPB14

充填式 ブレーキクリーナー パーツクリーナー

充填式スプレー缶のセットアップ

使い方は充填式の缶にブレーキクリーナーの原液を300ml入れて、蓋を閉めて、エアを充填するだけのようです。

充填式 クリーナー 使用方法

蓋はねじ式になっているので、反時計回りに回せば外れます。

ストレート 充填式 クリーナー

パーツクリーナーの原液は漬け置きしたり、インタークーラーの洗浄にも使えそうです。

蓋を閉めてエアを充填します。

この状態でもブレーキクリーナーが揮発して若干圧があるのか、スプレーノズルを押すと、ちょろちょろクリーナーが出てきました。

充填式 パーツクリーナー

指定圧は0.64MPaのようなので、コンプレッサーの圧を調整します。

充填は自動車のタイヤに空気をいれるのと同じでした。

充填は1秒ほどで完了します。えっ、これだけしか入らないのという印象。

これで使用できる状態になりました。

使える 充填式ブレーキクリーナー 充填式パーツクリーナー

充填式缶スプレーは使える代物なのか?

試しに吹いて見ました。
おぉ、意外にも普通です。市販の使いきりの缶スプレーと比べるとちょっと威力は弱いかなといった感じです。

充填式 スプレー 使える

延長ノズルを畳んで噴射。こちらも同様ですね。

謳い文句でもある、逆さ使用も出来ました。

キャリパーの錆取り作業をしていたところですが、早速使ってみました。

霧状というより液体そのものが出てくる感じなので、がっつり洗浄したい場合は使いきり缶スプレーよりも良いかもしれません。その分消費量も多くなりますが・・・

エアコンプレッサーの準備が面倒なので、試しに自転車用空気入れで空気を入れてみました。
10回くらい押し込むとだいぶ固くなってきますが、さらに押し込むと少しづつ充填されているようでした。

たいていの自転車用の空気入れは最大0.8MPaまで対応していると思うので、入れようと思えば入れられるのかもしれません。
かなり固くなった後計ってみると3.85kgf/㎠ほど入っていました。
6割くらいはとりあえず入れらるようです。
この状態でもちゃんと噴射されますし、MAXに入れても多少使えばすぐに圧は下がるので、十分かと思います。

まとめ

通販サイトのレビューではエアー圧が少ないなどで評価が低くされていましたが、エアーのみの使用は前提としていないので、使い方が間違っており、正当な評価ではないなと思いました。

いまのところエア漏れ等も無いので、普通に使えそうです。充填作業とコスパを考えると、ちょっと高評価とはなかなかならない気がします。

200円くらいで安売りしている使いきり缶タイプがあるので、相当大量に使う人で無いと、元は取れないかもしれないですね。

しかし、これを機会にパーツクリーナーの原液を購入したので、いろいろ使い道は広がりそうです。


「車の整備をDIYでやってみよう」メニュー

週末のお出かけメニュー

車以外のDIY&おすすめなものメニュー

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc




ブログランキング

記事内容が良いと思った方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kurumana-pc