剥がれた内装の樹脂部品をはんだごてで樹脂溶接してみた

樹脂部品をはんだごてで溶接してみた

内装を何度も脱着していたところ、溶着していた部分が剥がれてしまいました。
くっつけるのに接着剤を思い浮かべますが、しっかり固定したいため、はんだごてで樹脂溶接にチャレンジしてみました。

目次

剥がれた樹脂部分の確認

今回、樹脂溶接にチャレンジするのはAピラーの内装部品です。
右下の角が溶着されていたのですが、剥がれてしまいました。

こんな感じで完全に分離してしまっています。

裏側から樹脂で溶着されています。
左側はきちんとはまらなくなってしまっていたので、溶着部分をカッターで切り落としています。

樹脂溶接するので、もともと溶着されていた部分をカッターで切り落として平らにしています。

はんだごてと結束バンドで樹脂溶接

用意するのははんだごてです。
はんだの代わりに結束バンドを用意します。結束バンドを溶かして固めます。

まずはテープなどでずれないように固定します。

はんだごてが温まったら表面を撫でるように溶かし込みます。

そのあとに結束バンドを溶かして盛っていきます。

結束バンドの先端から5mmくらいの部分で溶かして切断し、溶かしながら押し付けて一体化させる感じでやってみました。

もう一箇所も同じように溶接していきます。

最初に二つの部品をちょっと溶かしてくっつけます。
あまり深く溶かし込むと穴が開いてしまうので、表面だけ溶かす感じにしました。

数本線を引くような感じで溶かしてみました。

そのあとに結束バンドを溶かして盛っていきます。
煙がでるので、吸わないようにし、十分に換気しましょう。
今回は外で実施したので換気は十分でした。

溶かし込んで広げて盛って完成です。

綺麗にくっつけることが出来ました。
そこそこの力でひぱっても大丈夫でした。

他の部分も剥がれてはいませんでしたが、弱そうなところに結束バンドを溶かして盛りました。

純正状態では2箇所で溶着されていました。

合わせ面を追加で2箇所溶かして固定してみました。

まとめ

今回の内装の裏側のように、見た目を気にしない部分ははんだごてで溶着するのがしっかり固定できてよいかなと思います。

失敗すると穴が開いたりしてしまうので、そこだけは注意しながら行う必要がありますが、接着剤での固定より振動などに強いと思います。

いきなり樹脂パーツにチャレンジする前に結束バンドを溶かしてくっつけるなど、練習してからチャレンジするのが良いかなと思います。

この記事の最初に戻る

「Assetto Corsaでドライビング技術を磨こう」メニュー

「車の整備をDIYでやってみよう」メニュー

「週末のお出かけ」メニュー

「車以外のDIY&おすすめなもの」メニュー

車のバッテリー上がりはこれで解決!【LUFTジャンプスターター】

ブログランキング

記事内容が良いと思った方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kurumana-pc