点火強化一覧

アルト(HA36S)16V化で点火強化をやってみた(昇圧コンバーター車内設置)

直噴エンジン車のイグニッションコイルの流用と、BRISKの点火プラグ(LGS)で大幅に点火強化していましたが、さらなる仕上げとして昇圧コンバーターでイグニッションコイルへの電圧を上げてみました。エンジンルームの熱の影響が心配なのでアルトの車内に設置したので、其の工程等をご紹介します。

アルト(HA36S)純正流用点火強化を試みた

直噴エンジンのイグニッションコイルは気化の時間が短く空気と混ざっていない状態で確実に点火するため、強化されているのではないかということで、ポート噴射エンジン車に流用すれば純正流用点火強化できるのではないかと思いました。 アルト(HA36S)に直噴エンジン車であるワゴンRスティングレー(MH55S)のイグニッションコイルを付けてみることにしました。

コルト(Z27AG)イグニッションコイル流用で安定した点火強化を実現

純正最強と呼ばれるADバンのイグニッションコイルの情報を得たので、コルトに装着しようと考えました。 カプラー変換とコイル固定穴の加工が必要ですが、加工後は純正のように装着できました。 本領発揮にはドエルタイムの変更が必要ですが、交換しただけでも火花が強力になりトルクフルになりました。

16Vに昇圧前後でイグニッションコイルの火花を確認してみた

当方のコルト(Z27AG)は昇圧コンバーター(AQV-100-N)を使ってイグニッションコイルへの電圧を16V付近まで上げる点火強化を行っていますが、本当に効果があるのか確認したくなりました。イグニッションスパークテスター(点火チェッカー)を購入したので、計測する電圧を変えながら昇圧前後の火花を確認してみました。確認の様子をご紹介します。

16V昇圧器故障の修理と使用上の注意点

イグニッションコイルへの電圧を16Vに上げて点火強化する昇圧コンバーターを装着していましたが、突然の故障でエンストするトラブルに見舞われました。なんとか原因を追究し直してみようと試みたのでその過程をご紹介します。また、昇圧コンバーター装着時の注意点についてもご紹介します。

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc