ポリッシャーで磨いてピカピカレインpremiumでコーティング(アルト編)

最近洗車は信越シリコーンを使って仕上げていましたが、ドアノブの傷などがひどく、傷防止にガラスコーティングをしようと思いました。コーティングは下地が大事とのことなので、ポリッシャーで素人ながら磨いてからピカピカレインpremiumで仕上げました。 透明度が増した感じで景色の映り込みが増した感じで非常に満足な結果になりました。

コルト(Z27AG)イグニッションコイル流用で安定した点火強化を実現

純正最強と呼ばれるADバンのイグニッションコイルの情報を得たので、コルトに装着しようと考えました。 カプラー変換とコイル固定穴の加工が必要ですが、加工後は純正のように装着できました。 本領発揮にはドエルタイムの変更が必要ですが、交換しただけでも火花が強力になりトルクフルになりました。

車の構造、仕組み、整備、ドラテクの知識を本から得よう

当方がお勧めする車に関する書籍をご紹介します。書籍で知識を得てから実際にやってみるというやり方が良いと思います。不足分は詳しい人に聞いてみたり、youtubeで作業動画を見たりしても学べると思います。世に出回っている記事のなかには間違ったやり方、内容を紹介しているものも少なくないため、知識を得ておくことは有益化と思います。

コルト(Z27AG)ブリーザータンクで水温を下げてみた

水温対策をしたいが、ラジエター交換はちょっとコストがかかりすぎるので、何かないかと調べたところ、クーラント中の気泡を取り除いて熱交換の効率を落とさなくするブリーザータンクがいいなと思いました。RX-7などの車種ではかなり効果もあるようなので、コルト(Z27AG)に装着してみたのでご紹介します。

インプレッサG4(GJ7)ブリーザータンク取り付け

街乗りでの比較的水温、油温が高い感じのするインプレッサG4ですが、水温上昇によるパワーダウンと、ラジエターの樹脂部分劣化を遅くするため水温をできるだけ上げたくないなと思いました。キャビテーションによる気泡を消し、熱交換効率の劣化を最小限にするブリーザータンクを装着してみました。作業工程等をご紹介します。

インプレッサG4(GJ7)サーモスタット交換をやってみた

インプレッサG4(GJ7)のクーラントを交換するついでに、ラジエターホースとサーモスタットを併せて交換してみました。 サーモスタットは二つあり、ひとつはCVTクーラーにいく配管にあり、もうひとつはラジエターのロアホース付け根にありました。 作業工程などをご紹介します。

16Vに昇圧前後でイグニッションコイルの火花を確認してみた

当方のコルト(Z27AG)は昇圧コンバーター(AQV-100-N)を使ってイグニッションコイルへの電圧を16V付近まで上げる点火強化を行っていますが、本当に効果があるのか確認したくなりました。イグニッションスパークテスター(点火チェッカー)を購入したので、計測する電圧を変えながら昇圧前後の火花を確認してみました。確認の様子をご紹介します。

コルト(Z27AG)自作インタークーラーウォータースプレー装着

インタークーラーを冷却するため、ウォータースプレーを自作しました。手動での操作は運転中には厳しいので、自動で5秒おきに1秒噴射するようタイマー機能を使って組み込みました。 作業工程やタイマー機能を実現する製品などをご紹介したいと思います。

インプレッサG4(GJ7)吸気系のメンテナンスをやってみた

インプレッサG4のエアクリーナーの洗浄とスロットルバルブの洗浄を行いました。エアフィルターは洗浄して再利用できるK&Nのリプレイスメントエアフィルターがお勧めです。35000キロほど使用し、4回ほど洗浄していますが、フィルターの劣化もなく性能も申し分ないです。エアクリーナー、スロットルバルブ洗浄の作業工程をご紹介します。

スポンサーリンク
kurumana-pc




kurumana-pc